• サイトマップ

野球部の歴史

1950年(昭和25年)我が桜美林高等学校野球部は創設されました。

東京都高等学校野球連盟に登録したのは翌年の1951年。初代部長は清水安三先生で監督は楠正義先生でありました。以来、選手をかき集めどうにかこうにか試合するようになり、対外試合公式戦での初勝利は1957年選手権大会予選で、九回二死から逆転勝利でした。

昭和21年、戦際の為焼野原と化し、野球道具がなかった中、全国中等学校野球大会が復活し、その東京予選に52校の中学校が参加した。「プレーボール!」という声が、空襲のない平和な空に響き渡った。

この年、東京都中等学校体育連盟から独立し、東京都中等学校野球連盟が結成された。昭和23年には学制改革が行われたため、中等野球は高校野球に変わり、昭和24年には東京都高等学校野球連盟が発足した。そして平成24年4月、東京都高等学校野球連盟は一般財団東京都高等学校野球連盟は一般財団法人となった。
※東京都高校野球のあゆみ 白球譜から引用